manapedia
徒然草『花は盛りに』(望月の隈なきを千里の外まで〜)わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
252,801 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

徒然草『花は盛りに』

このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の「花は盛りに」の「望月の隈なきを千里の外まで眺めたるよりも〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。少し長いので2回にわけてお送りします。このテキストは、その2回目です。

※前回のテキストはこちら
「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは〜」の現代語訳と解説

原文(本文)

望月の隈なきを千里の外まで眺めたるよりも、暁近くなりて待ち出でたるが、いと心深う、青みたるやうにて、深き山の杉の梢に見えたる木の間の影、うちしぐれたるむら雲隠れのほど、またなくあはれなり。椎柴・白樫などのぬれたるやうなる葉の上にきらめきたるこそ、身にしみて、心あらむ友もがなと、都恋しうおぼゆれ。

すべて、月・花をば、さのみ目にて見るものかは。春は家を立ち去らでも、月の夜は閨(ねや)のうちながらも思へるこそ、いとたのもしう、をかしけれ。よきは、ひとへに好けるさまにも見えず、興ずるさまも等閑(なほざり)なり。片田舎の人こそ、色こく万はもて興ずれ。花の本には、ねぢより立ち寄り、あからめもせずまもりて、酒のみ、連歌して、はては、大きなる枝、心なく折り取りぬ。泉には手・足さしひたして、雪にはおりたちて跡つけなど、万の物、よそながら見る事なし。

現代語訳

何事も、最初と最後が趣があるものだ。男女の恋も逢って顔を合わせることだけを恋というのだろうか、いや違う。逢わずに終わった恋の辛さを思い、はかなく終わった恋人との約束を恨めしく嘆き、長い夜を1人で明かして、遠く離れたところにいる恋人のことを思い、雑草の生い茂った家に住む昔の恋人を思うことこそが、恋愛の趣と言えよう。

雲がかかっていない満月を、はるか遠くまで眺めているよりも、明け方まで出てくるのを待ってようやく出てきた月の方が、とても趣が深く、月が青い光をはなち、その光が山奥の杉の梢の木の間に影を作ったり、時雨を降らせたむら雲に月が隠れている情景のほうが、趣がある。椎柴や白樫などの葉の上にある露にその光が反射しているのは、とても身にしみて、そんなときに心を通わす友がいてくれたらなぁと、都のことを恋しく思う。

月や花など、すべては、目で見るものだけであろうか、いや違う。「春」は家からでなくても(感じられるし)、秋の月の夜には寝床にいながらでも(月ことを)心に思えることが、たいそう期待させられ趣があるものだ。教養のある人は、むやみに何にでも趣を感じているようにも見えず、趣を楽しんでいる様子もあっさりとしている。田舎者の人は、しつこく何にでも趣を感じようとする。例えば花の本(もと)にじわじわと寄って近寄り、わき見もしないで見つめて、酒を飲んで、連歌をして遊んで、最終的には、大きな枝を、分別もなく折り取ってしまう。池には手や足をつけて、降りたての雪には自分の足跡をつけるなど、あらゆるものを、一歩ひいて見つめるということを(田舎者は)しない。

次ページ:品詞分解・単語・文法解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。