manapedia
徒然草『名を聞くより』 わかりやすい現代語訳と解説・品詞分解
著作名: 走るメロス
81,205 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『名を聞くより』

このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「名を聞くより」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『名を聞くより、やがて面影は』とするものもあるようです。

読む前に知っておきたい

この「名を聞くより」では、2つのことを筆者はメッセージとして発信している。1つは、「イメージしていたものと実際に会ったのとでは違うことがよくある」、そしてもう1つは、「今人がしゃべっていること、目に見えている物、自分の心の中で思うことは、初めてなはずなのに、デジャブのように、昔こんな光景があった気がするなぁと思ってしまうことが多々ある」という2点。そのことを念頭に詠んでみよう。

原文

名を聞くより、やがて面影は推し測らるる心地するを、見る時は、また、かねて思ひつるままの顔したる人こそなけれ、昔物語を聞きても、この比(ごろ)の人の家のそこほどにてぞありけんと覚え、人も、今見る人の中に思ひよそへらるるは、誰もかく覚ゆるに

また、如何なる折ぞ、ただ今、人の言ふ事も、目に見ゆる物も、我が心の中に、かかる事のいつぞやありしかと覚えて、いつとは思ひ出でねども、まさしくありし心地のするは、我ばかりかく思ふにや。

現代語訳

名前を聞くとすぐに、(その人の)顔つきの見当をつけられるような気がするが、会って実際に顔を見てみると、いつも思っていたような顔をした人はいないものだ。

昔の思い出話を聞いても、(物語の舞台となった場所は)現在のあの人の家のそこらあたりであっただろうと思われ、その家にいま住んでいる人をみると、その物語の中の人物と自然と思い比べてしまうことは、誰にでも見に覚えのあることであろう。

また、何かの折に、たった今人が言ったことや目に見えている物も、自分の心の中のことも、このようなことはいつだったかあった気がするなぁと思えて、(それが)いつかは思い出せないのだけれど、間違いなくあった気がするのは、私だけがこう思うのだろうか。

次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。