manapedia
徒然草『公世の二位のせうとに』 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
48,173 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中の第四十五段、「公世の二位のせうとに」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文

公世(きんよ)の二位のせうとに、良覚僧正と聞こえしは、きはめて腹あしき人なりけり。の傍らに、大きなる榎の木のありければ、人、「榎の木の僧正」とぞ言ひける。

この名、しかるべからずとて、かの木を切られにけり。その根のありければ、「きりくひの僧正」と言ひけり。いよいよ腹立ちて、きりくひを掘り捨てたりければ、その跡、大きなる堀にてありければ、「堀池の僧正」とぞ言ひける。

現代語訳

公世という二位の位にあった人の兄で、良覚僧正と申し上げた人は、とても怒りっぽい人であった。坊(僧の住むところ)の側に、大きな榎の木があったので、人々は(良覚僧正のことを)「榎の木の僧正」と呼んでいた。

(僧正は)、この名前は(自分には)ふさわしくないと行って、その木を切ってしまった。(今度は、切った木の)根が残ったので、人々は僧正のことを「きりくひの僧正」と呼んだ。(僧正は)ますます怒って、切り株を掘り返して捨ててしまったので、その跡が、大きな堀になったので、人々は僧正のことを「堀池の僧正」と呼ぶようになった。

次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。