manapedia
伊勢物語『さらぬ別れ』 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
34,576 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

伊勢物語『さらぬ別れ』

このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語第八十四段の一節、「さらぬ別れ」の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。伊勢物語の作者は未詳ですが、在原業平をモデルとしたフィクションではないかと言われています。

タイトルの「さらぬ別れ」ですが、これは、避けることのできない、永遠の別れ、すなわち死別のことを意味します。

原文

昔、男あり(※1)けり。身はいやしながら、母(※2)なむなりける。その母長岡といふ所に住み給ひけり。子は京に宮仕へしければ、まうづとしけれど、しばしば(※3)えまうでず。ひとつ子にさへありければ、いと(※4)かなしうし給ひけり。さるに(※5)しはすばかりに、(※6)とみの事とて、御ふみあり。おどろきて見れば、歌あり。
 
老いぬればさらぬ別れのありといへばいよいよ(※7)まくほしき君かな

歌の解説


かの子、いたううちなきよめる。
 
世の中にさらぬ別れのなくもがな千代もといのる人の子のため

歌の解説


現代語訳

昔、ある男がいました。身分は低いものの、(男の)母は皇女でした。その母親は長岡という所に住んでいらっしゃいました。子どもは京都で宮仕えをしていたので、(母親に会いに長岡に)参上しようとはしたのですが、たびたびはとても参上することができずにいます。(その男は)一人っ子であったので、(母親は)たいそう(男のことを)おかわいがりなされていました。すると、12月ごろに、急用の事といって(母親から男のもとに)お手紙がありました。(男は)びっくりして(手紙を)見ると、(手紙には)歌が(書いて)あります。

年をとると避けられない別れ(死別)ということもあるというので、よりいっそう会いたいと思われるあなたですよ


この子は、ひどく泣いて、(返事に)歌を詠みました。

世の中には死の別れがなければよいのに。(親が)千年も(生きてほしい)と祈る子どものために


次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。