manapedia
かぐや姫の生い立ち(竹取物語) 現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
57,791 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

かぐや姫の生い立ち

ここでは、竹取物語の冒頭の中の『かぐや姫の生い立ち』(今は昔、竹取の翁といふものありけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

今は昔、竹取の翁といふものありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。名をば、さぬきの造となむいひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありけるあやしがりて、寄り見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうたり。翁言ふやう、

「我、朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて、知りぬ。子となり給ふべき人なめり。」


とて、手にうち入れて家へ持ちて来ぬ。妻の嫗(おうな)に預け養はす。うつくしきことかぎりなし。いと幼ければ籠に入れて養ふ。竹取の翁、竹を取るに、この子を見つけてのちに竹取るに、節を隔てて、ごとに金ある竹を見つくること重なりぬ。かくてやうやう豊かになりゆく。

※つづき:「この児、養ふほどに、すくすくと大きになりまさる〜」現代語訳と解説」

現代語訳(口語訳)

今となっては昔のことですが、竹取の翁という者がいました。野や山に分け入って竹を取っては、いろいろなことに用立てたのでした。その名をさぬきの造と言いました。(ある日)その竹の中に、根元が光る竹がひとつありました。不思議に思って、近寄ってみると、竹筒の中が光っています。それ(の中)を見ると、三寸ぐらいの人が、とてもかわいらしい様子で座っています。翁が言うことには

「私が毎朝、毎晩みている竹の中にいらっしゃるので理解した。(このお方は私の)子におなりなさるはずの人のようだ。


と言って、手のひらにいれて、家へ持ってきました。妻の嫗に預けて育てさせます。かわいらしいこと、この上ありません。とても幼(く小さ)いので、籠の中にいれて育てます。竹取の翁は、竹を取ると、この子を見つけてのちに竹を取ると、(竹の)節を間において、節と節との間ごとに、黄金が入った竹を見つけることが度重なりました。このようにして、翁は次第に裕福になっていきます。

※つづき:「この児、養ふほどに、すくすくと大きになりまさる〜」現代語訳と解説」

次ページ:品詞分解と単語・文法解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。