manapedia
奥の細道『大垣』 わかりやすい現代語訳と解説(おくのほそ道)
著作名: 走るメロス
25,848 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

奥の細道『大垣』

このテキストでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の中の「大垣」の章について解説しています。

おくのほそ道では、松尾芭蕉が江戸を出発して東北を回り、北陸を通って岐阜県の大垣にいたるところまでの旅が書かれています。大垣には、芭蕉の帰りを待つ門人たちが集まってきています。旅の途中で分かれた弟子の曾良とも合流してます。

原文

露通もこの港まで出で迎ひて、美濃国へと伴ふ。に助けられて大垣の庄に入れば、曾良も伊勢より来たり合ひ、越人も馬を飛ばせて、如行が家に入り集まる。前川子荊口父子、その外親しき人々、日夜訪ひて、蘇生の者に会ふがごとく、かつ喜びかついたはる。旅のものうさもいまだやまざるに、長月六日になれば、伊勢の遷宮拝まんと、また舟に乗りて
 
ふたみに別れ行く秋ぞ


現代語訳

露通(芭蕉の弟子)もこの港まで迎えに出てきており、美濃へと一緒に行く。馬に助けられて大垣の庄に入ると、曾良も伊勢から来ており、越人も馬を飛ばせて如行の家に集合した。前川子や荊口の親子、そのほかの親しい人たちも日夜訪れてきて、まるで生き返った人に会うかのように喜んだりいたわったりしてくれる。旅の疲れもまだとれないうちに9月6日になったので、伊勢神宮にお参りにいこうとまた船に乗って出かける。(そのときに詠んだ歌)

はまぐりのフタと身が別れていくように、親しい人たちと別れて二見に向かう。秋も過ぎようとしている


次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。