manapedia
奥の細道『立石寺』 わかりやすい現代語訳と解説(おくのほそ道)
著作名: 走るメロス
94,013 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

奥の細道『立石寺』

このテキストでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の中の「立石寺」の章について解説しています。

タイトルにもなっている立石寺は、山形県にあるお寺です。松尾芭蕉は江戸を出発し、現在の栃木、福島、宮城と北上し、そこから岩手県南部の平泉を経由して山形に入りました。
ALT

(立石寺)

原文

山形領に立石寺といふ山寺あり。慈覚大師の開基にして、ことに清閑の地なり。一見すべきよし、人々の勧むる(※1)よつ、尾花沢より(※2)とつて返し、その間七(※3)里ばかりなり。

いまだ暮れず。ふもとのに宿借りおきて、山上の堂に登る。岩に巌を重ねて山とし、松柏年ふり、土石老いて苔なめらかに、岩上の院々扉を閉ぢて、物の音聞こえず。(※4)岸を巡り岩をはひて、仏閣を拝し、佳景寂寞として心澄みゆくのみおぼゆ

閑かさや岩にしみ入る蝉の声


現代語訳(口語訳)

山形領内に、立石寺という山寺がある。慈覚大師が開いた寺で、とりわけ清らかで物静かな土地である。「一度は見ておいたほうが良い」と、人々が勧めるので、尾花沢から引き返し(てきたのであるが)、その間(の距離)は七里ほどである。

(到着時には)日はまだ暮れていない。山のふもとの宿坊に宿を借りて、山上にある堂に登る。岩に巌が重なって山となり、松や柏の木は年月が経ち、土や石も年が経って(表面を覆う)苔がなめらかであり、岩の上に建てられたいくつもの寺院の扉は閉じられていて、物音ひとつ聞こえない。崖のふちをまわり岩をはうようにして進み、仏閣を拝んだのだが、すばらしい景色はひっそりと静まりかえっていて、心が澄んでいくことが感じられるばかりである。

辺りは静けさに静まり返っている。(あまりにも静かすぎるので)そんな中で聞こえてくるセミの鳴き声も、岩にしみいっていくようだ


品詞分解

※品詞分解:『奥の細道 立石寺』の品詞分解

単語

(※1)よつてラ行四段活用「よる」の連用形「より」の促音便+接続助詞「て」
(※2)とつてタ行四段活用「とる」の連用形「とり」の促音便+接続助詞「て」
(※3)里現在の1里は約3.9km
(※4)岸岩や石の切り立った所


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。