manapedia
奥の細道『平泉』 わかりやすい現代語訳と解説(おくのほそ道)
著作名: 走るメロス
409,132 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『平泉』

このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中の「平泉」(三代の栄耀一睡のうちにして〜)の現代語訳・口語訳、そしてその解説をしています。

読むにあたって

この「平泉」の章では、松尾芭蕉が平泉を訪れたことを中心に物語が展開されます。平泉は岩手県の南部にある土地で、平安時代に奥州藤原氏という一族が治めました。特に藤原清衡、基衡、秀衡の親子3代のときに最盛期を迎えますが、その栄華は長くは続きませんでした。藤原秀衡が、源頼朝から逃げてきた源義経をかくまったことを発端に、源頼朝によって滅ぼされてしまったのです。(諸説ありますが、源義経もこの地で死んだとされています。)

「平泉」の章では、松尾芭蕉が奥州藤原氏ゆかりの土地を訪れ、この史実を回想しながら物語が展開されています。このことを頭にいれておくと、理解がよりいっそう深まると思います。

原文

(※1)三代の栄耀一睡のうちにして、 大門の跡は一里(※2)こなたにあり。秀衡が跡は田野になりて、金鶏山のみ形を残す。

まづ高館にのぼれば、北上川(※3)南部より流るる大河なり。衣川は、(※4)和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落ち入る(※5)泰衡らが旧跡は、衣が関を隔てて南部口をさし固め、夷を防ぐ見えたり。さても(※6)義臣(※7)すぐつこの城にこもり、功名一時のくさむらとなる。



と、笠うち敷きて、時の移るまで涙を落とし侍りぬ。

夏草や兵どもが夢の跡


(※9)卯の花(※10)兼房見ゆる白毛かな (※11)曾良


かねて驚かしたる(※12)二堂開帳す。経堂は(※13)三将の像を残し、光堂は三代の棺を納め、三尊の仏を安置す。(※14)七宝散りうせて、珠の扉風に破れ、金の柱霜雪に朽ちて、既に頽廃空虚のくさむらとなるべきを、四面新たに囲みて、甍を覆ひて風雨をしのぐしばらく千歳の記念とはなれり。

五月雨の降り残してや光堂


現代語訳

三代(にわたって栄えた藤原氏)の栄華も一睡の夢のようにして(はかなく消え)、(藤原氏の館の)大門の跡は一里ほどこちらにある。秀衡(の館)の跡は田や野原になっていて、金鶏山だけが(昔の)形を残している。

まずは高館に登ると、(眼下に見える)北上川は南部から流れてくる大河である。衣川は、和泉の城を取り囲んで(流れ)、高館の下で大河(北上川)に流れ込む。(秀衡の息子の)泰衡たちの旧跡は、衣が関を間において、南部地方からの入り口を厳重に警備し、夷(の侵入)を防いだと思われる。それにしても、(義経は)忠義の家臣を選りすぐってこの城に立てこもり(戦ったが)、功名は一時のことで(今は)草むらとなっている。

(戦争によって)首都が破壊されても山や川は(昔のままかわらずに)あり、(荒廃した)城内にも春がきて草や木が深々と生い茂っている


と(杜甫が詠んだ句を胸に、)笠を敷いて(腰を下し)、時が移るまで涙を流したのであった。

昔、武士たちが栄誉を求めて戦ったこの場所には今、夏草が生い茂っており、昔のことは夢のようにはかなく消え去ってしまったことだよ


真っ白い卯の花を見ていると、あの兼房の白髪が思いうかぶことだよ 曾良


以前から(その評判を)聞いて驚いていた二堂が開かれていた。経堂には三人(藤原清衡、基衡、秀衡)の像を残していて、光堂には(その)三代の棺を納め、三尊の仏像を安置している。(光堂をかざっていた)七宝はなくなり、珠宝で飾られた扉は風雨でいたみ、金の柱は霜・雪によって朽ち果て、もう少しで崩れ果てて何もない草むらとなるはずだったところを、(後世の人たちが)四方を新しく囲んで、(屋根)瓦を覆って雨風を防ぐ(ようにしてある)。(新しい壁と屋根が朽ちるまで)しばらくの間昔を思う記念となっているのである。

あたりは雨で朽ちているが、この金色堂だけは光輝いている。あたかも五月雨がここだけには降らなかったかのように。


次ページ:品詞分解・単語解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。