manapedia
竹取物語『蓬莱の玉の枝(かかるほどに、男ども六人〜)』わかりやすい現代語訳と解説 その5
著作名: 走るメロス
45,586 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

竹取物語『蓬莱の玉の枝』その5

このテキストでは、竹取物語の中の「蓬莱の玉の枝」の現代語訳と解説を行っています。少し長いので、5回にわけて説明をしていますが、このテキストはその最終回です。前回のテキスト

原文

かかるほどに、男ども六人、つらねて、庭にいで来たり。一人の男、文挟みに文をはさみて、申す、

「内匠寮の工匠、漢部内麻呂申さく、玉の木を作り仕うまつりしこと、五穀を断ちて、千余日に力をつくしたること、すくなからず。しかるに、禄いまだ賜はらず。これを賜ひて、わろき家子に賜はせむ」


といひて、ささげたり。たけとりの翁、この工匠らが申すことは何事ぞとかたぶきをり。皇子は、我にもあらぬ気色にて、肝消えゐたまへり。これを、かぐや姫聞きて、

「この奉る文を取れ」


といひて、見れば、文に申しけるやう、

皇子の君、千日、いやしき工匠らと、もろともに、同じ所に隠れゐたまひて、かしこき玉の枝を作らせたまひて、も賜はむと仰せたまひき。これをこのごろ案ずるに、御使とおはしますべきかぐや姫の要じたまふべきなりけりと、承りて。この宮より賜はらむ。


と申して、

「賜はるべきなり」


といふを、聞きて、かぐや姫、暮るるままに思ひわびつる心地、笑ひさかえて、翁を呼びとりていふやう、

「まこと蓬莱の木かとこそ思ひつれ。かくあさましきそらごとにてありければ、はや返したまへ」


といへば、翁答ふ、

「さだかに作らせたる物と聞きつれば、返さむこと、いとやすし」


とうなづきおり。かぐや姫の心ゆきはてて、ありつる歌の返し、

まことかと聞きて見つれば言の葉を かざれる玉の枝にぞありける


といひて、玉の枝も返しつ。たけとりの翁、さばかり語らひつるが、さすがにおぼえて眠りをり。皇子は、立つもはしたゐるもはしたにて、ゐたまへり。日の暮れぬれば、すべりいでたまひぬ。

品詞分解

「かかるほどに、男ども~」の品詞分解
「これをかぐや姫聞きて、『この奉る文を取れ』〜」の品詞分解

次ページ:現代語訳と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。