manapedia
竹取物語『蓬莱の玉の枝』 わかりやすい現代語訳・解説 その4
著作名: 走るメロス
41,915 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

竹取物語『蓬莱の玉の枝』その4

このテキストでは、竹取物語の中の「蓬莱の玉の枝」の現代語訳と解説を行っています。少し長いので、5回にわけて説明をしていますが、このテキストはその4回目です。前回のテキスト

前回までのあらすじ

蓬莱の玉の枝を持って帰ってきたくらもちの皇子は、かぐや姫の家に枝を見せに行きました。そこで皇子は、おじいさんに枝を手に入れた冒険の話をし始めます。あてもなく海にでて500日ほど漂ったところ、ついに皇子一行は、とある山に辿りつきました。そこの山の住人であろう、天女(らしき人)にその山の名前を聞いたところ、「蓬莱の山」とのことだったので、皇子の喜びは爆発したのです。

皇子の話はまだまだ続きます。

原文

その山、見るに、さらに登るべきやうなし。その山のそばひらをめぐれば、世の中になき花の木ども立てり。金、銀、瑠璃色の水、山より流れいでたり。それには、色々の玉の橋わたせり。そのあたりに照り輝く木ども立てり。その中に、この取りて持ちてまうで来たりしはいとわろかりしかども、のたまひしに違はましかばと、この花を折りてまうで来たるなり。

山はかぎりなくおもしろし。世にたとふべきにあらざりしかど、この枝を折りてしかば、さらに心もとなくて、船に乗りて、追風吹きて、四百余日になむ、まうで来にし。大願力にや。難波より、昨日なむ都にまうで来つる。さらに、潮に濡れたる衣だに脱ぎかへなでなむ、こちまうで来つる」


とのたまへば、翁、聞きて、うち嘆きてよめる、
  
くれ竹のよよの竹とり野山にも さやは わびしきふしをのみ見し

 
これを、皇子聞きて、

「ここらの日ごろ思ひわびいはべりつる心は、今日なむ落ちゐぬる」


とのたまひて、返し、
  
我が袂 今日かわければ わびしさの 千種の数も 忘られぬべし


とのたまふ。

続く

次ページ:現代語訳と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。