manapedia
竹取物語『蓬莱の玉の枝』 わかりやすい現代語訳・解説 その2
著作名: 走るメロス
42,703 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

竹取物語『蓬莱の玉の枝』その2

このテキストでは、竹取物語の中の「蓬莱の玉の枝」の現代語訳と解説を行っています。少し長いので、5回にわけて説明をしていますが、このテキストはその2回目です。前回のテキスト

前回のあらすじ

かぐや姫から、蓬莱の玉の枝を持ってくるように言われたくらもちの皇子は、本物を探しに行くのではなく、自分の財力と、当時最高の技術を使って偽物の蓬莱の玉の枝をこしらえました。京にもどってきたくらもちの皇子は、玉の枝を持ってかぐや姫のもとを訪れるのですが。

原文

かかるほどに、門をたたきて、

「くらもちの皇子おはしたり」


と告ぐ。

「旅の御姿ながらおはしたり」


と言へば、会ひ奉る。皇子のたまはく、

「命を捨てて、かの玉の枝持ちて来たる」


とて、

「かぐや姫に見せ奉りたまへ」


と言へば、翁持ちて入りたり。この玉の枝に文(ふみ)ぞ付きたりける。
 
いたづらに身はなしつとも玉の枝を手折らでただに帰らざらまし

 
これをあはれとも見でをるに、竹取の翁走り入りていはく、

「この皇子に申したまひし蓬莱の玉の枝を、一つの所あやまたず持ておはしませり。なにをもちてとかく申すべき。旅の御姿ながら、わが御家へも寄りたまはずしておはしたり。はやこの皇子にあひ仕うまつりたまへ」


と言ふに、物も言はで、つらづゑをつきて、いみじう嘆かしげに思ひたり。この皇子、

「今さへなにかと言ふべからず」


と言ふままに、縁にはひ上りたまひぬ。翁、ことわりに思ふに、

「この国に見えぬ玉の枝なり。このたびは、いかでかいなび申さむ。さまもよき人におはす」


など言ひゐたり。かぐや姫の言ふやう、

「親ののたまふことを、ひたぶるにいなび申さむことのいとほしさに、取りがたきものを」。


かくあさましくて持てきたることをねたく思ひ、翁は、閨(ねや)のうち、しつらひなどす。

続く

次ページ:現代語訳と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。