manapedia
論語『有子曰。信近於義、言可復也(信、義に近ければ、言復むべきなり)』解説・書き下し文・口語訳
著作名: 春樹
7,164 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第1章「学而第一」の第13、「信、義に近ければ、言復むべきなり」の解説をしています。ここでは孔子ではなく、孔子の弟子の有子が語ったことが述べられています。

白文

有子曰。近於義、言可也。近於礼、遠恥辱也。因不失其親、亦可宗也。


書き下し文

有子曰く、信、義に近ければ、言復むべきなり。恭、礼に近ければ、恥辱に遠ざかる。因ること其の親を失わざれば、亦宗(たっと)ふ可(べ)きなり。


現代語訳(口語訳)

有子先生はおっしゃいました。
『約束したことが正義にかなっていれば、約束どおりにそれを果たすべきです。つつしみが礼にかなっていれば、恥をかくこともありません。人に頼るときには、頼れる人にきちんと頼るべきであり、その人があなたにとって正しい人であれば、その人のことを尊ぶようにすべきです。




約束ごと。


実行にうつす。「言可復也」とはすなわち、口にしたこと(約束したこと)は言葉通り実行すべきだという意味


うやうやしさ。礼儀正しく正しい。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。