manapedia
土佐日記『帰京』(京に入り立ちてうれし~)わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
547,391 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

土佐日記『帰京』(京に入り立ちてうれし~)

このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「帰京」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。土佐日記は紀貫之が書いたものですが、貫之は女性のふりをして、その女性からみた紀貫之の様子を日記の形で書いています。あくまでも主人公を第3者の視点でみているということをおさえておきましょう。

原文(本文)

京に入り立ちうれし。家に至りて、門に入るに、月明かければ、いとよくありさま見ゆ聞きしよりもまして、言ふかひなく こぼれ破れたる。家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。中垣こそあれ、一つ家のやうなれば、望みて預かれるなり。さるは便りごとに物も絶えずさせたり。今宵、

「かかること。」


と、声高にものも言はせず。いとはつらく見ゆれど、こころざしはせむとす。
  

さて、池めいくぼまり、水つける所あり。ほとりに松もありき。五年六年のうちに、千年や過ぎにけむかたへはなくなりにけり。今生ひたるぞ交じれる。おほかたのみな荒れにたれば、

あはれ。」


とぞ人々言ふ。思ひ出でぬことなく、思ひ恋しきがうちに、この家にて生まれし女子の、もろともに帰らねば、いかが悲しき船人もみな、子たかりののしるかかるうちに、なほ悲しきに堪へずして、ひそかに知れる人と言へりける歌、
 
生まれしも帰らぬものをわが宿に小松のあるを見るが悲しさ

 
とぞ言へる。なほ飽かずやあらむ、また、かくなむ。
 
見し人の松の千年に見ましかば遠く悲しき別れせまし

 
忘れがたく、口惜しきこと多かれど、え尽くさず。とまれかうまれ疾く破りてむ。

現代語訳(口語訳)

京に立ち入って嬉しい。家について、門に入ると、月の光が明るいので、大変よく(家の)様子が見える。聞き知っていた以上に、どうしようもないほど壊れ傷んでいる。家の管理を任せていた人の心も、すさんでいたことよ。隣の家とを隔てる垣根はあるけれど、(隣の家と私の家とは)一軒の家のようなものなので、(お隣さんが)望んで管理を引き受けたのだ。そうではあるが、機会のあるごとに(お礼の)品を(お隣には)絶えることなく与えてある。今晩

「こんな(ひどい)こと。」


と(従者に)大声で文句を言うようなこともさせない。(留守を預かってくれた人は)とても薄情だと思うけれど、(お礼の)贈り物はしようと思う。


さて、池のようにくぼんで、水がたまっている場所がある。その側には松もあった。(家を空けていた)5、6年のうちに、1000年も過ぎてしまったのだろうか、(松の)一部分がなくなってしまっていた。(松には)新しく生えたものがまじっている。(松だけでなく)大部分はすっかり荒れてしまっているので、

「あぁ(、なんということだ)。」


と人々は言う。思い出さないことはなく、(昔を)思って恋しいことの中でも、この家で生まれた女の子が(土佐で死んでしまったために、京都に)一緒に帰っていないのが、どんなに悲しいことか。(一緒に帰ってきた同じ)船の人たちにも皆、子どもが寄り集まって騒いでいる。こうしているうちに、いっそうの悲しさに我慢できずに、こっそりと(互い)の心を理解している人(妻のこと)と詠んだ歌

この家で生まれた子でさえも帰ってこないというのに、留守の間に我が家に生えた新しい松が育っているのを見るのが悲しいことよ。


と詠んだが、それでも詠み足らないのだろうか、また次のように(詠んだ)。

以前会ったことのある人(亡くなった娘)が、松が1000年生きるように生き長らえてその様子を見ることができるのなら、遠く悲しい別れなどしただろうか、いや、せずにすんだろうに。


忘れることもできず、残念なことも多いが、書き尽くすことはできない。いずれにしても、(こんな日記は)早く破ってしまおう。

次ページ:品詞分解・単語解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。