manapedia
土佐日記冒頭『馬のはなむけ・門出』(男もすなる日記といふものを〜) わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
496,456 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

土佐日記『馬のはなむけ・門出』

このテキストでは、紀貫之が書いたとされる土佐日記の冒頭「馬のはなむけ・門出(男もすなる日記といふものを〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。

読む前に知っておくこと

この土佐日記は、日記ではあるのですが、すべてが事実ではなく日記調の文学作品というスタイルで物語が進んでいきます。この当時は男性は漢字で、女性は仮名文字で文章を書くというのが主流でした。また男性の書き物は公的な文書が、女性の書き物は私的な感情をつめたものが多い時代でもありました。

ところが、この土佐日記は男性(紀貫之)が書いたにもかかわらず、仮名文字で書かれています。理由ははっきりしませんが、私的な感情をこめた日記を書きたかったがために、「男もすなる日記といふものを、女もしてみむ」と、あえて女性と偽ったのではないかとも言われています。また、もともと紀貫之は歌人で、仮名文字を使うことに抵抗がなかったとも言われています。

さて、この日記は、紀貫之が国司として勤めていた土佐(いまの高知県)をはなれるところからスタートします。長い間はなれていた京都を思う気持ちや、土佐で亡くなった娘への思い、道中での出来事などをユーモアを交えて書いてありますが、あくまでも主人公を第3者の視点でみているということをおさえておきましょう。

次ページ:原文と現代語訳


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。