manapedia
『塞翁馬(塞翁が馬)』 書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
360,685 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『塞翁馬(塞翁が馬)』

ここでは、中国の故事である塞翁馬(さいおうがうま)の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。この故事は、幸福や不幸というものは変化し、それを予測することはできないという意味の「人間万事塞翁が馬(もしくは塞翁が馬)」ということわざの由来になったものです。

原文(白文)

近塞上之人、有善術者。馬無故亡而入胡。人皆弔之。其父曰、

此何遽不為福乎。


居数月、其馬将胡駿馬而帰。人皆賀之。其父曰、

此何遽不能為禍乎。


家富良馬。其子好騎、墮而折其髀。人皆弔之。其父曰、

此何遽不為福乎。


居一年、胡人大入塞。丁壮者引弦而戦、近塞之人、死者十九。此独以跛之故、父子相保。
故福之為禍、禍之為福、化不可極、深不可測也。

書き下し文

上に近きの人に、を善(よ)くする者有り。馬故無くして亡(に)げてに入る。人皆之を弔(ちょう)す。其の(ふ)曰はく、

「此れ何遽(なん)ぞ福と為(な)らざらんや」と。


居ること数月、其の馬胡の駿馬を将(ひき)ゐて帰る。人皆之を賀す。其の父曰はく、

「此れ何遽ぞ禍と為る能(あた)はざらんや」と。


家良馬に富む。其の子騎を好み、堕ちて其のを折る。人皆之を弔す。其の父曰く、

「此れ何遽ぞ福と為らざらんや」と。


居ること一年、胡人大いに塞に入る。丁壮なる者弦を引きて戦ひ、塞に近きの人、死する者十に九なり。此れ独りの故を以つて、父子相保てり。

故に福の禍と為り、禍の福と為る、化極むべからず、深測るべからざるなり。

次ページ:現代語訳(口語訳)


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。