manapedia
『漁夫之利(漁夫の利)』書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
303,141 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『漁夫之利(漁夫の利)』

ここでは、中国の故事である漁夫之利の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。
原文(白文)

伐燕。蘇代爲燕謂惠王曰、

「今者臣來過易水、蚌正出曝。鷸啄其肉。蚌合箝其喙。鷸曰、『今日不雨、明日不雨、即有死蚌。』蚌亦謂鷸曰、『今日不出、明日不出、即有死鷸。』両者不肯相舎。漁者得并擒之。

今趙伐燕。燕趙久相支、以敝大衆、臣恐強秦之爲漁父也。願王之熟計之也」。

惠王曰、

「善」。

乃止。

書き下し文

且にを伐たんとす。蘇代、燕の為に惠王に謂ひて曰はく、

「今日臣来たりて易水を過ぐ。蚌方に出でて曝す。而して鷸其の肉を啄ばむ。蚌合して其の喙を箝む。鷸曰く、『今日雨ふらず、明日雨ふらずんば、即ち死蚌有らん』と。蚌も亦鷸に謂ひて曰はく、『今日出でず、明日出でずんば、即ち死鷸有らん』と。両者、相舎つるを肯ぜず。漁者得て之を并はせ擒ふ。

今趙且に燕を伐たんとす。燕と趙久しく相支へて、以つて大衆を敝れしめば、臣強秦の漁父と為らんことを恐るるなり。故に王の之を熟計せんことを願ふなり」と。

惠王曰わく、

「善しと」。

乃ち止む。

次ページ:現代語訳(口語訳)


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。