manapedia
『推敲』書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
272,706 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『推敲』

ここでは、「唐詩紀事」という古典にのっている「推敲」という故事について書き下し文と現代語訳、そして文法の解説をしていきます。

ちなみにこの故事から、推敲には「文章を書いた後、字句を良くするために何回も読んで練り直すこと」という意味がつくようになりました。

原文(白文)

賈島赴挙至京。

騎驢賦詩、得「僧推月下門」之句。

欲改推作敲。引手作推敲之勢、未決

不覚衝大尹韓愈。乃具言。

愈曰、

敲字佳

遂並轡論詩久之。

書き下し文

賈島(かとう)に赴きて京に至る。

驢(ろ)に騎(の)りて詩を賦(ふ)し、「僧は推す月下の門」の句を得たり。

推を改めて敲(こう)と作(な)さんと欲す

手を引きて推敲の勢を作すも、未だ決せず。

覚えず大尹(たいゐん)韓愈(かんゆ)に衝(あ)たる。

乃(すなわ)ち具(つぶさ)に言ふ。

愈曰はく、

「敲の字佳(よ)し」と。

遂に轡(たづな)を並べて詩を論ずること之を久しくす。

次ページ:現代語訳(口語訳)


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。