manapedia
伊勢物語『筒井筒』(昔、田舎わたらひしける人の〜)わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
528,122 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

伊勢物語『筒井筒』

このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の子ども〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。3回にわけて解説していますが、このテキストはその1回目です。

はじめに・あらすじ

この物語は、お互いにひかれあっていた幼馴染が、大きくなって結婚をしていく様、そして結婚してからの2人の関係を描いたものです。当時は通い婚といって、男女は一緒に住むのではなく、男性が奥さんの家に通っていた(男性の食事や着物の世話は奥さんの家が行う)こと、そして一夫多妻制であったことを念頭に読むとわかりやすいでしょう。

原文(本文)

昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとにいでて遊びけるを、おとなになりにければ、男も女も恥ぢかはしありけれど、男はこの女をこそと思ふ。女はこの男をと思ひつつ、親のあはすれども、聞かなむありける。さて、この隣の男のもとより、かくなむ、

筒井つの井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹ざるまに

歌の解説

  
女、返し、

くらべこし振り分け髪も肩過ぎぬ君ならずしてたれかあぐべき


歌の解説

  
など言ひ言ひて、つひに本意のごとくあひにけり。

※続く:「さて、年ごろ経るほどに〜」

現代語訳(口語訳)

昔、地方をまわって生計をたてていた人の子どもが、井戸のそばに出て遊んでいたのですが、(2人とも)大人になったので、男も女も互いに恥ずかしがっていたのですが、男はこの女をぜひ自分のものにしよう(妻にしよう)と思っています。女はこの男を(夫にしたい)と思い続け、親が(他の男と)結婚させようとするのですが、それを聞き入れずにいました。さて、この隣に住む男の所からこのような(歌が届きました。)

筒井戸の井筒と背比べをした私の背は、もう井筒を越してしまったようだなあ。あなたに会わないでいるうちに。

歌の解説


女の、返歌

(あなたと長さを)比べ合っていた私の振り分け髪も、(長くなって)肩を過ぎました。あなた以外の誰のためにこの髪を結い上げましょうか。

歌の解説


などと言い交わして、とうとうかねてからの希望の通り結婚したのでした。

※続く:「さて、年ごろ経るほどに〜」

次ページ:品詞分解・単語解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。