manapedia
『九月九日憶山東兄弟(九月九日山東の兄弟を憶う)』わかりやすい現代語訳(口語訳)と解説 王維
著作名: 走るメロス
40,188 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは中国の官僚・詩人王維のよんだ「九月九日憶山東兄弟」の書き下し文と現代語訳を書いています。

九月九日というのは重陽の節句と言って、中国での記念日の1つです。菊や茱萸(サンショウの一種)で酒を酌み交わしたり、高台へとピクニックに行く習慣があるようです。そんな九月九日を故郷からはなれて一人でむかえた王維の気持ちが、この句には表れています。

漢文(白文)

左から右に読んでください。

独 在 異 郷 為 異 客
毎 逢 佳 節 倍 思 親
遥 知 兄 弟 登 高 処
遍 挿 茱 萸 少 一 人


書き下し文

独り異郷に在って異客と為り

佳節に逢う毎に倍ます親を思う

遥かに知る兄弟高きに登る処

遍く茱萸(くみ)を挿して一人を少くを

現代語訳

故郷をはなれて、一人で異国の地で下宿生活をしていると

節句がくるたびに、親や兄弟を思う気持ちがとてもつのる

兄弟たちは高台へとピクニックに行き茱萸を挿しているだろう

その(兄弟の)輪に、私一人だけがいないのだ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。