manapedia
伊勢物語『東下り・駿河国』(行き行きて、駿河の国に〜)のわかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
339,667 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

伊勢物語『東下り・駿河国』

このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の中の「東下り・駿河国」の「行き行きて、駿河の国にいたりぬ〜」から始まる部分の現代語訳と解説をしています。作者は不明ですが、在原業平がモデルではないかと言われ、この東下りは、在原業平が京都を追われたときの様子を描写したものとされています。

※前回:三河国編「昔、男ありけり。その男〜」の現代語訳

原文(本文)

行き行きて、駿河の国にいたりぬ。宇津の山にいたりて、わが入らむとする道はいと暗う細きに、つたかえでは茂り、物心ぼそくすずろなるめを見ることと思ふに、修行者あひたり。

かかる道はいかでかいまする」


といふを見れば、見し人なりけり。京に、その人の御もとにとて、文書きてつく。

駿河なる宇津の山べのうつつにも夢にも人にあはぬなりけり

富士の山を見れば、五月のつごもりに、雪いと白う降れり。

知らぬ山は富士の嶺いつとてか 鹿の子まだらに雪の降るらん

その山は、ここにたとへば、比叡の山を二十ばかり重ねあげたらんほどして、なりは塩尻のやうになんありける。

※つづき:すみだ河編「なほ行き行きて、武蔵の国と〜」の現代語訳

現代語訳

さらに行き進んで駿河の国に着きました。宇津の山について、(これから)自分が入ろうとする道は、とても暗く細く、(おまけに)つたや楓が茂っていたので、なんとなく心細く、(この道を行くと)思いがけない目に遭うのだろうと思っていたところ、修行者に出会いました。

「このような道を、どうしていらっしゃるのですか。」


と(修行者が)言うので見てみると、知っている人でした。(そこで)京に、あの人の御もとにと言って、手紙を書いて、(修行者に)言づて(を頼み)ました。

駿河の宇津の山の辺りにきていますが、うつつ(現実)にも夢の中でもあなたに会わないことです。
※山の名前「宇津」と「うつつ」をかけています。

富士山を見ると、五月の下旬だというのに、雪がとても白く降り積もっています。

季節をわきまえない山というのは、この富士の嶺のことです。今がいつだと思って、鹿の子のまだら模様のように雪が降るのでしょうか。

その山は、ここ(都)で例えるならば、比叡山を20ぐらいに重ね上げたほどの高さで、形は塩尻のようでした。

※つづき:すみだ河編「なほ行き行きて、武蔵の国と〜」の現代語訳

次ページ:品詞分解・単語とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。