manapedia
伊勢物語『東下り・三河』(昔、男ありけり〜)のわかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
529,458 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

伊勢物語『東下り・三河』

このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語「東下り」の「昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして〜」から始まる部分の現代語訳と解説をしています。作者は不明です。

※参照:駿河編「行き行きて、駿河の国にいたりぬ〜」

※参照:すみだ河編「なほ行き行きて、武蔵の国と〜」

原文(本文)

昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、東の方に住むべき国求めにとて行きけり。もとより友とする人、ひとりふたりして、いきけり。道知れる人もなく惑ひ行きけり。

三河の国、八橋といふ所にいたりぬ。そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つ渡せるによりてなむ、八橋といひける。その沢のほとりの木の陰に下り居て、(かれいひ)食ひけり。その沢に、かきつばたいとおもしろく咲きたり。それを見て、ある人のいはく、

「かきつばたといふ五文字を、句の上に据ゑて、旅の心を詠め


といひければよめる。

ら衣 つつなれにし ましあれ はるばるきぬる をしぞ思ふ

とよめりければ、みな人、餉の上に涙落として、ほとびにけり。

現代語訳

昔、男がいました。その男は、自分のことを必要のない者と思い込んで、京にはおるまい、東の方で住むのに適した国を探しに(行こう)と思って出かけていきました。以前から友達である人、一人二人と一緒に行きました。(一行には)道を知っている者はいなく、迷いながら行ったのでした。

(ほどなくして)三河の国の八橋というところにたどりつきました。そこが八橋といったのは、水が流れている川がクモの足ように8つに分かれていて、(8つの川それぞれに)橋を渡していることで、八橋といったのでした。(一行は)その沢のほとりの木の陰に(馬から)下りて座り、乾飯(米を乾燥させたもの)を食べました。その沢にはかきつばたがたいそう素晴らしく咲いていました。それを見て、(一行の中の)ある人が

「かきつばたという5文字を和歌の(5・7・5・7・7の)各句の頭文字に使って旅の気持ちを詠みなさい。」


と言ったので、句を詠みました。(その男は)

(何度も着て身になじんだから衣のように)慣れ親しんだ妻が(都に)いるのですが、(その妻を残したまま)はるばる来てしまった旅のわびしさを、しみじみと感じることです

と詠んだので、みな乾飯に涙をこぼして、(乾飯は)ふやけてしまったのでした。

次ページ:品詞分解・単語とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。