manapedia
竹取物語『天の羽衣』(かぐや姫の昇天の一説)わかりやすい現代語訳
著作名: 走るメロス
17,091 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

竹取物語の一説、「天の羽衣」ついて現代語訳をしています。天の羽衣は、「かぐや姫の昇天」の中の一説です。
ALT


天の羽衣

天からの使者の1人が、箱を持っていました。この箱には天の羽衣が入っています。また別の箱には不老不死の薬が入っていました。使者の1人が、かぐや姫に向かって言います。

薬をお飲みになってください。長い間このように汚いところにいらっしゃったので、きっと気分が悪いことでしょう。」と


かぐや姫は少しそれをなめてから、(薬を)形見にと思い、先ほど脱いだ着物に包もうとしますが、天からの使者はそれをさせません。天の羽衣をかぐや姫に着させようとしたところ姫は、

ちょっと待って。聞くところによると、この天の羽衣を身にまとうと、心が変わってしまうらしい。1つ言っておくべきことがありました。


と言って、手紙を書き始めました。使者は

ぐずぐずするな。


とじれったくしていましたが、かぐや姫は

そうおっしゃらないでください。


と慌てずに、静かに帝に手紙を書いていました。

このようにたくさんの人を私の元へ遣わして、私を引きとめようとなさいますが、それを許さない迎えがやって参りまして、私を捕まえて天に戻そうとしますので、悲しいことでございます。帝にお仕えすることができないままであることも、このような身ゆえ。帝はご納得頂けないでしょうが、私は嫌がってかたくなに宮仕えを引き受けなかった無礼者と思われていることが心残りでございます。ここでお別れと思って、天の羽衣を身にまとおうとしたときに、あなた様のことを思い出しました。


と一句詠んで、頭の中将に手紙と薬の入ったつぼを渡しました。頭の中将がこれらを受け取ると、かぐや姫は天の羽衣を身にまといました。

(天の羽衣の影響で)おじいさんがかわいそうと思っていたこともすっかり忘れてしまいました。別れを嘆くこともなくなったので、車(山車)にのって、100人ほどの天界人をつれて、天へと昇っていってしまいました。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。