manapedia
徒然草『九月二十日のころ(九月廿日のころ)』 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
173,699 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『九月二十日のころ(九月廿日のころ)』

このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「九月二十日のころ~」から始まる部分の現代語訳をしています。

原文

九月二十日のころ、ある人に誘はれたてまつりて、明くるまで月見ありく事侍りしに、思し出づる所ありて、案内せさせて、入り給ひぬ。荒れたる庭の露しげきに、わざとならぬ匂ひ、しめやかにうち薫りて、忍びたるけはひ、いとものあはれなり

よきほどにて出で給ひぬれど、なほ、事ざまの優におぼえて、物の隠れよりしばし見ゐたるに、妻戸をいま少し押し開けて、月見るけしきなり。やがてかけこもらましかば、口をしからまし。あとまで見る人ありとは、いかでか知らん。かやうの事は、ただ、朝夕の心づかひによるべし。

その人、ほどなく失せにけりと聞き侍りし。

現代語訳(口語訳)

九月二十日のころに、とあるお方にお誘い頂いて、夜明けまで月をみて歩いたことがありましたが、(その途中でこの方は、)思い出しなさるところがあって、(従者に)取次ぎをさせて、(その家に)入っていかれました。(兼好法師が中をのぞいて見ると)荒れている庭には露がたくさんおりて、(客が来たからといって普段はしないような、わざとたいたお香の香ではなく)わざわざ用意したようでもない(常ひごろ自然と炊いているであろう)お香の匂いがしっとりとただよって、(この家の人が)ひっそりと暮らしているという様子にとても趣を感じます。

(その方は)程よくして(この家から)出ていらっしゃいましたが、やはり(私はこの家に住んでいる方の)有様がすばらしく思えて、物陰からしばらくの間見ていたのですが、(この家の人はある方が帰った後も)妻戸をもう少し開けて、月を見ている様子です。もしすぐに(家の中に入って扉に鍵をかけて)籠もってしまったのであれば、残念なことだったでしょう。(この人は、客人が帰った)後まで、人がのぞいているとは、認識していたでしょうか、いや思いもしなかったでしょう。このようなことは、常日ごろの心がけによるものなのでしょう。(※ここでは、常に月を見るという習慣があるから、誰の前でなくても、月を見てたそがれるということをこの家の人が自然と行ったことを指しています。)

その人は、しばらくして亡くなってしまったと伺いました。

次ページ:品詞分解と単語の解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。