manapedia
徒然草『丹波に出雲といふ所あり』 わかりやすい現代語訳(口語訳)と解説
著作名: 走るメロス
353,993 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

徒然草『丹波に出雲といふ所あり』

このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「丹波に出雲といふ所あり~」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文

丹波に出雲と云ふ所あり。大社を移して、めでたく造れり。しだの某とかやしる所なれば、秋の比、聖海上人、その他も人数多誘ひて、

いざ給へ、出雲拝みに。かいもちひ召させん

とて具しもて行きたるに、各々拝みて、ゆゆしく信起したり。 御前なる獅子・狛犬、背きて、後さまに立ちたりければ、上人、いみじく感じて、

あなめでたや。この獅子の立ち様、いとめづらし。深き故あらん

と涙ぐみて、

いかに殿原、殊勝の事は御覧じ咎めずや。無下なり

と言へば、各々怪しみて、

まことに他に異なりけり
都のつとに語らん

など言ふに、上人、なほゆかしがりて、おとなしく、物知りぬべき顔したる神官を呼びて、

この御社の獅子の立てられ様、定めて習ひある事に侍らん。ちと承らばや

と言はれければ、

その事に候ふ。さがなき童どもの仕りける、奇怪に候う事なり

とて、さし寄りて、据ゑ直して、往にければ、上人の感涙いたづらになりにけり。
ALT


現代語訳

京都の丹波に出雲というところがあります。(島根の出雲大社から)神様をお招きして、立派な社を築いていました。(この土地は)しだの何某という人の領地であったのですが、秋に聖海上人など多くの人を招いて

ぜひ出雲大社にお参りにいらっしゃってください。おはぎでも出しましょう。

といって、(招いた人たちをつれて)拝みに行き、(招かれた人たちは)各々に拝んで、とても信仰心が高ぶっています。ところで、大社の前にある獅子と狛犬(の石像)が背中合わせになっているたので、聖海上人はとても感激して、

なんと見事なことだろうか。この獅子の置き方はとても珍しい。何かわけがあってのことだろう。

涙ぐんで言いました。(さらに)

みなさんは、このすばらしさがわからないのですか。(あなたたちのセンスは)なんと良くないことでしょう。

と言うので、一緒にお参りした人たちも不思議に思って

言われてみたら、他と異なっていますな。
都の土産話ができました。

などと言っています。聖海上人はさらに(理由を)知りたいと思って、年配で中心的な立場の者で、物を知っていそうな顔つきの神官をよんで、

こちらの獅子の置き方は、決められた配置とは違うようですね。その理由を教えていただけませんか。

と言ったところ、(神官は)

そうなんです。いたずら好きの子どもたちがやったことです。けしからんことですよ。

といって、獅子に寄って位置を元にもどしてそのまま行ってしまいました。聖海上人の涙は無駄になってしまいました。

次ページ:品詞分解・単語とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。