manapedia
徒然草『城陸奥守泰盛は』 わかりやすい現代語訳(口語訳)と解説
著作名: 走るメロス
22,300 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、吉田兼好の書いた徒然草の中の第百八十五段、「陸奥守泰盛は~」の現代語訳をしています。 徒然草は吉田兼好(卜部兼好)によって鎌倉時代に書かれた随筆で、清少納言の『枕草子』鴨長明の『方丈記』とあわせて三大随筆と言われています。

原文

城陸奥守泰盛は、双なき馬乗りなりけり。馬を引き出させけるに、足を揃へて(しきみ)をゆらりと超ゆるを見ては、

これは勇める馬なり

とて、鞍を置き換へさせけり。また、足を伸べて閾に蹴当てぬれば、

これは鈍くして、過ちあるべし

とて、乗らざりけり。 道を知らざらん人、かばかり恐れなん

現代語訳

城陸奥守泰盛は、他とは比べ物にならないほどの馬の名手(見事な乗り手)でした。馬をきゅう舎(馬を管理している建物)から出すときに、足をそろえて敷居を軽快に飛び越える馬を見て、

この馬は気性のあらい馬だ。

といって、鞍(またがりやすいように馬の背中に乗せるもの)を別の馬に付け替えさせました。また、足を伸ばしたまま前足を敷居にぶつけてしまう馬がいれば、

この馬は鈍いので事故が起こる

と言って、その馬には乗りませんでした。その道を知らない人は、このように用心するでしょうか。いやしないでしょう。

次ページ:品詞分解と単語


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。