manapedia
徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』わかりやすい現代語訳(口語訳)と解説
著作名: 走るメロス
77,315 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』

このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「筑紫に、なにがしの押領使」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文

筑紫に、なにがし(※1)押領使などいふやうなる者のありけるが、土大根(つちおおね)をいみじき薬とて、朝ごとに二つづつ焼きて食ひける事、年久しくなりぬ。

ある時、館の内に人もなかりける隙をはかりて、敵襲ひ来たりて、囲み攻めけるに、館の内に兵二人出で来て、命を惜しまず戦ひて、皆(※2)追い返してげり。いと不思議に覚えて、

日ごろここにものし給ふともぬ人々の、かく戦ひし給ふは、いかなる人ぞ。」


と問ひければ、

年ごろ頼みて、朝な朝な召しつる土大根らに候う。」


と言ひて、失せにけり。


深く信を致しぬれば、かかる(※3)徳もありけるにこそ。

現代語訳(口語訳)

筑紫に、何々の押領使(という職についていた)などというような者がいたのですが、大根が何に(対しても)優れた薬だと(思って)、毎朝2本ずつ焼いて食べることが、長年にわたりました。

あるとき、(押領使が勤務する)館の中に人のいなかった隙にたくらんで、敵が襲ってきて(館を)取り囲んで攻めたときに、館の中に兵士が2人出てきて、命を惜しまずに戦って、(敵を)皆追い返してしまいました。(押領使はこの2人のことを)とても不思議に思って、

「普段こちらにいらっしゃるとも見えない方々が、このように戦ってくださるとは、どのようなお方ですか。」


と質問してみたところ、

「長年(あなたが薬と)信頼して、毎朝毎朝召し上がった大根らでございます。」


と言って、消えてしまいました。

深く信仰を尽くしていたので、このような恩恵もあったのでしょう。

品詞分解

※品詞分解:『筑紫に、なにがしの押領使』の品詞分解

単語

(※1)押領使治安維持にあたった役職。警察
(※2)追い返してげりてけり(完了の助動詞「つ」の連用形+過去の助動詞「けり」の終止形)の意味を強めるために撥音便化した「てんげり」の「ん」が無表記となったもの
(※3)徳ここでは「恩恵」と訳す


備考

徒然草は兼好法師(卜部兼好)によって鎌倉時代に書かれた随筆で、清少納言の『枕草子』鴨長明の『方丈記』とあわせて三大随筆と言われています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。