manapedia
徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』わかりやすい現代語訳(口語訳)と解説
著作名: 走るメロス
71,822 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』

このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「筑紫に、なにがしの押領使」の現代語訳と解説をしています。

原文

筑紫に、なにがしの押領使などいふやうなる者のありけるが、土大根(つちおおね)を万にいみじき薬とて、朝ごとに二つづつ焼きて食ひける事、年久しくなりぬ。


ある時、館の内に人もなかりける隙をはかりて、敵襲ひ来たりて、囲み攻めけるに、館の内に兵二人出で来て、命を惜しまず戦ひて、皆追い返してげり。いと不思議に覚えて、

「日ひごろここにものし給ふとも見ぬ人々の、かく戦ひし給ふは、いかなる人ぞ。」


と問ひければ、

「年ごろ頼みて、朝な朝な召しつる土大根らに候う。」


と言ひて、失せにけり。


深く信を致しぬれば、かかる徳もありけるにこそ。

現代語訳(口語訳)

筑紫に、なにがしとかいう押領使(という職についていた)などというような者がいたのですが、(この人は、)大根が万病にたいそう効く薬と思って、毎朝2本ずつ焼いて食べることが、長年にわたりました。

あるとき、(押領使が勤務する)館の中に人のいない隙を狙って、敵が襲ってきて取り囲んで攻めたときに、館の中に兵士が2人出てきて、命を惜しまずに戦って、(敵を)皆追い返してくれました。(押領使はこの2人のことを)とても不思議に思って、

「日ごろこちらで勤務されていらっしゃるとも見えない方々が、このように戦ってくださるとは、どなた様ですか。」


と質問してみると、

「長い間、あなたが信頼して、毎朝召し上がっていた大根です。」


と言って消えてしまいました。深く信頼していたので、このようなご利益もあったのでしょう。

次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。