manapedia
宇治拾遺物語『絵仏師良秀』わかりやすい現代語訳(口語訳)と解説
著作名: 走るメロス
395,353 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『絵仏師良秀』

このテキストでは、宇治拾遺物語のなかの一節、『絵仏師良秀』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。ちなみにこの物語は、芥川龍之介の「地獄変」のモデルとなったと言われています。

※書籍によっては、内容が異なる場合があります。

原文(本文)

これも今は昔、絵仏師良秀といふありけり。家の隣より火出で来て、風おしおほひせめければ、逃げ出でて大路へ出でにけり。人の書かする仏もおはしけり。また、衣ぬ妻子なども、さながら内にありけり。それも知らず、ただ逃げ出でたるをことにして、向かひのつらに立てり。

見れば、すでにわが家に移りて、けぶり・炎くゆりけるまで、おほかた、向かひのつらに立ちてながめければ、

あさましきこと。」


とて、人ども来とぶらひけれど、騒がず。

いかに。」


と人言ひければ、向かひに立ちて、家の焼くるを見て、うちうなづきて、ときどき笑ひけり。

あはれ(※1)しつるせうとくかな。年ごろわろく書きけるものかな。」


と言ふ時に、とぶらひに来たる者ども、

「こはいかに、かくては立ちたまへるぞ。あさましきことかな。もののつきたまへるか。」


と言ひければ、

(※2)なんでふもののつくべきぞ。年ごろ不動尊の火炎をあしく書きけるなり。今見れば、かうこそ燃えけれと、心得つるなり。これこそせうとくよ。この道を立てて世に(※3)あらむには、仏だによく書きたてまつらば、百千の家もいできなん。わたうたちこそ、させる能もおはせねば、ものをも惜しみたまへ。」


と言ひて、あざ笑ひてこそ立てりけれ。


そののちにや、良秀がよぢり不動とて、今に人々愛で合へり。

現代語訳(口語訳)

これも今となっては昔の話ですが、絵仏師良秀という者がいました。家の隣から火が発生して、風が(火に)おおいかぶさって(火が)迫ってきたので、(良秀は)逃げ出して、大通りに出てきました。(家の中には、)人が(依頼して)描かせている仏様もいらっしゃいました。また衣服を着ていない(良秀の)妻や子なども、そのまま家の中にいました。(良秀は)それを認識することなく、ただ(自分が)逃げ出したことをよしとして、(家の)向かいの側に立っていました。

見ると、すでに我が家に燃え移っており、煙や火が立ち上ったときまで家の向かいに立って総じて(その様子を)眺めていたので、

「大変なことですね。」


と言って、人々が見舞いに来たのですが、(良秀は)動じていません。

「どうしたのか。」


と(ある人が)言ったところ、(良秀は燃え上がる家の)向かいに立って、家が焼けるのを見て、うなずいて、時々笑っていました。

「ああ、もうけものをしたよ。長い間(私は背景の炎を)下手に描いてきたものだよ。」


と(良秀が)言うので、見舞いに来た人々が、

「これはどうして、このようにしてお立ちになっているのですか。驚きあきれたことだよ。霊が取り付いていらっしゃるのですか。」


と言ったところ、(これを聞いた良秀は、)

「どうして霊がとりつくことがあろうか。(いや、ない)。長い間、不動尊の(背景の)炎を下手に描いていたのだ。今見ると、(火は)このように燃えるのだったなあと納得したのだ。これこそもうけものだよ。この道(絵を描く職業)で生きていくならば、仏様さえうまく描き申し上げていれば、100軒1000軒の家もきっと建つだろうよ。お前たちこそ、これといった才能もお持ちでないから、物を惜しみなさるのだ。」


と言って、馬鹿にして笑って立っていました。


その後のことでしょうが、良秀のよじり不動として、今でも人々が(彼の絵を)称賛し合っています。

次ページ:品詞分解・単語解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。