manapedia
『検非違使忠明』わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
201,803 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『検非違使忠明』

このテキストでは、『検非違使忠明』(けびいしただあきら)の現代語訳と解説をしています。この話は今昔物語集、宇治拾遺物語、古本説話集に収録されており、書籍によっては「検非違使忠明のこと」と題するものもあるようです。

※書籍によっては、内容が異なる場合があります。

原文

今は昔、忠明といふ検非違使ありけり。若男にてありける時、清水の橋殿にして、京童部といさかひをしけり。京童部、刀を抜きて、忠明を立てこめて殺さむとしければ、忠明も刀を抜きて、御堂の方ざまに逃ぐるに、御堂の東の端に、京童部あまた立ちて向かひければ、その傍にえ逃げずして、(しとみ)のもとの有りけるを取りて、脇に挟みて、前の谷に躍り落つるに、蔀のもとに風しぶかれて、谷底に鳥の居るやうに、やうやく落ち入りにければ、そこより逃げて去にけり。京童部ども谷を見下ろして、あさましがりて、立ち並みて見けれども、すべきやうもなくて、やみにけりとなむ。

忠明、京童部の刀を抜きて立ち向かひける時、御堂の方に向きて、

「観音助けたまへ。」


と申しければ、ひとへにこれその故なりとなむ思ひける。忠明が語りけるを聞き継ぎて、かく語り伝へたるとや

現代語訳

今となっては昔の話ですが、忠明という検非違使(けびいし)がいました。(忠明が)若かった頃、清水寺にある橋殿で、京都の若者たちとけんかをしました。若者たちは刀を抜いて忠明を取り囲んで殺そうとしたので、忠明は刀を抜いて(清水寺の)本堂のほうへ逃げたところ、本堂の東側に、若者たちがたくさん立ち(忠明に)向かってきたので、そちらの方からは逃げることができないと(忠明は思い)、蔀(しとべ)の下の部分があったのを取って、脇にはさんで、前の谷へ飛びおりたところ、蔀の下の部分が風に強く押されて(パラシュートのようになり)、谷底に鳥がとどまるようににゆっくりと落ちていったので、そこから逃げ去っていきました。京都の若者たちは谷を見下ろして、驚き呆れて立ち並んで見ていましたが、どうしようもなくて、そのままに終わってしまったということです。

忠明は、若者たちが刀を抜いて立ち向かってきたときに、本堂のほうを向いて、

「観音様、お助けください。」


と申していたので、これもひとえにその(観音様に祈った)おかげだろうと思いました。

(このように)忠明が語っていたのを聞きついで、このように語り伝えているということです。

次ページ:品詞分解・単語解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。