manapedia
高駢『山亭夏日(さんていのかじつ)』の書き下し文と現代語訳(口語訳)/解説
著作名: 走るメロス
22,706 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは中国の軍人であった高駢の詠んだ、「山亭夏日」の書き下し文と現代語訳をしています。暑い夏の日に涼しさを求める情景が目に浮かんでくるような、そんな句です。
漢文(白文)

左から右に読んでください。

緑 樹 陰 濃 夏 日 長、
楼 台 倒 影 入 池 塘。
水 精 簾 動 微 風 起、
満 架 薔 薇 一 院 香。


書き下し文

綠樹陰、濃(こまや)かにして夏日長し
楼台影、倒(さかしま)にして池塘に入る
水精の簾、動いて微風起こり
満架の薔薇(しょうび)、一院香し

現代語訳(口語訳)

緑に生い茂る木々は地面に濃い影を落としており、夏の日は長い。

建物の影が池の水にさかさまに映って見える。

水晶でできたすだれが動いてかすかな風がおこり

棚いっぱいのバラの香が、建物いったいに香っている

単語

山亭山にある別荘
夏日夏の日
池塘



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。