manapedia
杜甫 『春望』の書き下し文と現代語 (五言律詩・対句の解説)
著作名: 走るメロス
252,137 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『春望』

ここでは、中国の詩人、杜甫が詠んだ句「春望」の原文(白文)、書き下し文、現代語訳・口語訳、文法解説を記しています。

原文(白文)

※左から右に読んでください。

国 破 山 河 在
城 春 草 木 深
感 時 花 濺 涙
恨 別 鳥 驚 心

烽 火 連 三 月
家 書 抵 万 金
白 頭 掻 更 短
渾 欲 不 勝 簪

書き下し文

国 破 山 河 在
国破れて山河在り
くにやぶれてさんがあり

城 春 草 木 深
城春にして草木深し
しろはるにしてそうもくふかし

感 時 花 濺 涙
時に感じては花にも涙を濺ぎ
ときにかんじてははなにもなみだをそそぎ

恨 別 鳥 驚 心
別れを恨んでは鳥にも心を驚かす
わかれをうらんではとりにもこころをおどろかす

烽 火 連 三 月
烽火三月に連なり
ほうかさんげつにつらなり

家 書 抵 万 金
家書万金に抵たる
かしょばんきんにあたる

白 頭 掻 更 短
白頭掻けば更に短く
はくとうかけばさらにみじかく

渾 欲 不 勝 簪
渾べて簪に勝へざらんと欲す
すべてしんにたへざらんとほっす

現代語訳(口語訳)

国 破 山 河 在
(戦争によって)首都が破壊されても山や川は(昔のままかわらずに)あり、

城 春 草 木 深
(荒廃した)城内にも春がきて草や木が深々と生い茂っている。

感 時 花 濺 涙
(この戦乱の)時代を思うと(美しい)花をみても涙が落ち、

恨 別 鳥 驚 心
(家族との)別れを悲しんでは(心がはずむ)鳥の鳴き声を聞いても心が痛む。(心がはっとする)

烽 火 連 三 月
戦火は何ヶ月(または三ヶ月)も続いており、

家 書 抵 万 金
家族からの手紙は万金と同じぐらい貴重だ。

白 頭 掻 更 短
白髪頭を掻くと(髪は)ますます短くなって、

渾 欲 不 勝 簪
冠をとめるためのかんざしも挿せなさそうである。

文法解説

形式:五言律詩

4つの句からなる詩を絶句(ぜっく)といい、8つの句からなる詩を律詩(りっし)といいます。例えば、「国破山河在」を1句と考えます。春望は8つの句からなるので律詩です。

また、律詩のうち1つの句が5文字からなるものを五言律詩(ごごんりっし)といい、1つの句が7字からなるもの七言律詩(しちごんりっし)といいます。

以上から、春望は「五言律詩」となります。

押韻:深・心・金・簪

押韻(おういん)とは、漢詩を読んだ時に一定のリズムが出るように、同じ響きの言葉を句の最後に置くことです。例えばこの春望では、

深(Shēn)、心(Xīn)、金(Jīn)、簪(Zān)

が該当します。カッコの中は中国語の発音です。わざわざ中国語で発音せずに、日本語の音読みで

深(Shin)、心(Shin)、金(Kin)、簪(Shin)

と発音しても、ある程度は押韻を見つけることができます。今回は日本語の音読みで判別した方がわかりやすいですね。

押韻にはルールがあります。五言律詩では、原則として偶数句(第2句、第4句、第6句、第8句)に同じ響きの言葉が置かれます。

対句

対句とは、句を強調するために、形や語感が似たペアの句を作る技法です。ペアとなる句は、文法構造や用いている文字が呼応しているなどの特徴があります。原則として「第3句と第4句」、「第5句と第6句」が対句となります。春望は例外で、「第1句と第2句」、「第3句と第4句」そして「第5句と第6句」となっているので注意しましょう。
第1句と第2句

国 破 山 河 在
城 春 草 木 深

第3句と第4句

感 時 花 濺 涙
恨 別 鳥 驚 心

第5句と第6句

烽 火 連 三 月
家 書 抵 万 金

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。