manapedia
徒然草『亀山殿の御池に』わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
77,586 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『亀山殿の御池に』

このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「亀山殿の御池に」(亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

(※1)亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて、大井の土民に仰せて、水車を造らせられけり。多くの銭を賜ひて、数日に営み出だして、掛けたりけるに、おほかた廻らざりければ、とかく直しけれども、つひに回らで、いたづらに立てりけり。

さて、宇治の里人を召して、こしらへさせられければ、やすらかに結ひ参らせたりけるが、思ふやうに廻りて、水を汲み入るゝ事めでたかりけり。

万(よろづ)に、その道を知れる者は、やんごとなきものなり。

現代語訳(口語訳)

(後嵯峨天皇が、)亀山殿のお池に、大井川の水を引き入れなさろうとして、大井の住民に命じて、水車をお造らせになった。多くの金銭をお与えになって、数日かけてこしらえあげて、(水車を川に)かけたところ、まったくまわらなかったので、あれこれと直してみたけれど、最後までまわることはなく、(水車は)むだに立っているだけであった。

そこで、(水車で有名な)宇治の里の人をお呼びになって、(水車を)造らせなさったところ、(彼らは)たやすく(水車を)組み立てて献上したのだが、(その水車は)思うように回り、(亀山殿に)水を汲み入れることが見事であった。

すべてのことに(言えるが)、その道を理解している人は、尊いものだ。

品詞分解

品詞分解はこちら
『亀山殿の御池に』の品詞分解(動詞・助動詞など)

単語

(※1)亀山殿後嵯峨天皇が営んだ離宮。人の名前ではない。


備考

徒然草は兼好法師によって鎌倉時代に書かれた随筆で、清少納言の『枕草子』鴨長明の『方丈記』とあわせて三大随筆と言われています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。