manapedia
論語 学而第一『曾子曰、吾日三省吾身~』の書き下し文と現代語訳
著作名: 走るメロス
43,946 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

曾子曰、吾日三省吾身、為人謀而忠乎、与朋友交言而不信乎、伝不習乎。

このテキストでは、孔子の教えをまとめた書論語の中の一説、『曾子曰、吾日三省吾身、為人謀而忠乎、与朋友交言而不信乎、伝不習乎。』の書き下し文と現代語訳についてみていきます。学而第一の4番目に記されているものです。

漢文(白文)

曾子曰、吾日三省吾身、為人謀而忠乎、与朋友交言而不信乎、伝不習乎。

書き下し文

曾子曰く、

「吾、日に三たび吾が身を省みる。人の為に謀(はか)りて忠ならざるか、朋友と交わりて信ならざるか、習わざるを伝ふるか。」と。


現代語訳

曾子先生が次のようにおっしゃいました。

「私(曾子)は1日に3回我が身を振り返ります。人のために心から考えただろうか。友と会うときに、誠実でいられたかだろうか。そして自分でもうまく理解できていないことを、(中途半端な知識のまま)人に伝えはしなかっただろうか。」と。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。