manapedia
高校古文『玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする』わかりやすい現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
106,821 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする」という歌について説明していきます。

原文

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする

現代語訳

私の命よ、絶えるなら絶えてしまってくれ。このまま長く生きていれば、心に秘めた恋がばれてしまいそうだから。

解説

この歌は、後白河法皇の娘であった式子内親王(しょくしないしんのう)が詠んだものです。この句は、「忍ぶる恋」というテーマで詠まれたものだといわれています。今で言うと「人には知られていない秘密の恋」といったところでしょうか。

「玉の緒」とは、魂と体とをつなぐヒモのことを表し、「このヒモが切れるなら切れてしまってもいい」、つまり「死んでしまってもいい」となかなか強烈な句で始まっています。ではなぜ死んでしまってもよいと式子内親王は思われたのか、その理由は句の続きに書いてあります。

「ながらう」とは「長く生きる」と訳しています。「忍ぶ」には「気づかれないようにする」と「我慢する」という意味があります。この歌が恋の歌ということを考えると、気づかれないようにしていた恋と、その恋心を人に伝えるのを我慢しなければならないという気持ちがこめられた言葉でしょう。(というのも、式子内親王は生涯独身でいなければならない身分だったために、恋をかなえることはおろか、人に伝えることができなかったのです。)

そして恋心を抑えなければならないのですが、長く生きれば生きるほど、その意志が弱ってしまいそう・・・だから命が絶えてしまってもかまわないと歌っているわけですね。

この歌は、小倉百人一首にも編纂されています。

品詞分解

※名詞は省略してあります。

玉の緒
(間接助詞)
絶え(ヤ行下二段活用・連用形)
(強意の助動詞・未然形)
(接続助詞)
絶え(ヤ行下二段活用)
(強意の助動詞・未然形)
ながらへ(ハ行下二段活用・未然形)
(接続助詞)
忍ぶる(バ行上二段活用・連体形)
こと
(格助詞)
弱り(ラ行四段活用)
(係助詞)
(係助詞)
する(サ行変格活用・連体形)


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。