manapedia
高校古文『多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児のここだかなしき』わかりやすい現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
73,061 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、万葉集に収録されている歌「多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児のここだ悲しき」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。

原文

多摩川に さらす手作り さらさらに 何そこの児の ここだかなしき

ひらがなでの読み方

たまがはに さらすてづくり さらさらに なにそこのこの ここだかなしき

現代語訳

多摩川にさらしている手作りの布のように、ますます、なんでこの子はこんなにも愛おしいのだろうか

解説

この歌は作者が不明です。東国(都からみて東側。現在の東京や埼玉、神奈川を指す。)を詠んだ歌ということで、この手の歌のことを東歌(あずまうた)と言います。

布を作るとき、布を白くするために水洗いしたり、日光にあてたりする工程がありますが、その工程のことを「さらす」と言います。そしてこの歌は、多摩川にさらした布の美しさと「その児」の可愛さをかけて詠まれています。「その児」は女性を表すのか、それとも幼い子供を表すのかは諸説あります。

多摩川多摩川は関東西部を流れる川で、麻布の特産地でした。
かなしきシク活用の形容詞「かなし」の連体形。「かなしき=悲しい」と訳さないように注意しましょう。ここでは「かなし=かわいい、愛おしい」と訳しています。


品詞分解

※名詞は省略してあります。

多摩川
格助詞
さらすサ行四段活用「さらす」の連体形
手作り
さらさらに副詞
副詞
係助詞
代名詞
格助詞
格助詞
ここだ副詞
かなしき形容詞・シク活用「かなし」の連体形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。