manapedia
高校古文『思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを』わかりやすい現代語訳・品詞分解
著作名: 走るメロス
64,934 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」という歌について説明していきます。

原文

思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを

現代語訳

あの人のことを思いながら眠りについたから夢にでてきたのだろうか。夢と知っていたなら目を覚まさなかっただろうものを。

解説

この歌は、小野小町の詠んだ歌です。好きな人を思い続けていたらなんとその人が目の前に現れた!だけれども目を覚まして、それが夢だったときのがっかり感という誰しもが経験したことがあろう恋の気持ちを歌ったものです。絶世の美女と呼ばれた小野小町がこのような恋歌を詠んでいることもまた興味深いですね。

「寝ればや人の見えつらむ」には係り結びが使われており「や~らむ」で「~なのでしょうか。」と訳しています。「ぞ・なむ・や・か」の4つの係助詞に対応する言葉は連体形となるなので、「らむ」は連体形となります。「や」には疑問と反語の意味がありますが、ここでは疑問の意味で訳すのが適当でしょう。

※「ばや」を1つの連語としてみる考え方もあります。

次ページ:品詞分解


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。