manapedia
宇治拾遺物語『児のそら寝』わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
348,714 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『児のそら寝』

このテキストでは、宇治拾遺物語の中にある、「児(ちご)のそら寝」の現代語訳をしています。宇治拾遺物語は13世紀ごろ(鎌倉時代)に作られた物語です。作者はわかっていません。

※書籍によっては、「稚児のそら寝」と題されるものや、内容が異なる場合があります。

原文

これも今は昔、比叡の山にありけり。僧たち、宵のつれづれに、

「いざ、かひもちひせむ。」


と言ひけるを、この児、心寄せに聞きけり。さりとてしいださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、片方に寄りて、寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、すでにしいだしたるさまにて、ひしめき合ひたり。

この児、定めて驚かさむずらむと待ちゐたるに、僧の、

「もの申しさぶらはむ。 驚かせたまへ。」


と言ふを、うれしとは思へども、ただ一度にいらへむも、 待ちけるかともぞ思ふとて、今一声呼ばれていらへむと、念じて寝たるほどに、

「や、な起こしたてまつりそ。幼き人は寝入りたまひにけり。」


と言ふ声のしければ、あなわびしと思ひて、今一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、 ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、無期ののちに、

「えい。」


といらへたりければ、僧たち笑ふことかぎりなし

現代語訳(口語訳)

これも今となっては昔のことですが、比叡山の延暦寺に幼い子どもがいました。寺の僧たちは、宵の手持ち無沙汰に、

「さあ、餅を作ろう。」


と言ったのを、この幼い子どもが、期待して聞いていました。だからといって、作り上げるのを待って寝ずにいるのもよくないだろうと思って、(部屋の)片隅に寄って寝たふりをして、出来上がるのをまっていたところ、もう出来上がったようで、(僧たちが)わいわいやっています。


子どもは、きっと起こすだろうと(思って)待ち続けていたところ、僧が

「もしもし。目をお覚ましください。」


と言うのを嬉しくは思うのですが、すぐ一度の呼びかけで返事をすると、(呼ばれるのを)待っていたと(僧たちが)思うかもと思い、もう一度呼ばれてから返事をしようと思って我慢して寝ていると、

「おい、お起こし申し上げるな。子どもは寝てしまわれたよ。」


という声がしたので、ああ、困ったことだと思って、もう一度起こしてくれ、と思いながら寝て聞き耳をたてると、(僧たちが餅を)むしゃむしゃと食べる音がしたので、(子どもは)どうしようもなくて、(呼ばれて)ずいぶんとたってから

「はい。」


と返事をしたので、(これを聞いて)僧たちは笑うことこの上ない。

次ページ:品詞分解・単語解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。