manapedia
高校古文『田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける』の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
14,424 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、万葉集に収録されている歌「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。

※この歌の長歌:「天地の分れし時ゆ神さびて〜」の現代語訳と品詞分解

原文

田子の浦ゆ うち出でみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける

ひらがなでの読み方

たごのうらゆ うちいでてみれば ましろに そふじのたかねに ゆきはふりける

現代語訳

田子の浦を通って(視界の開けたところまで)出て見ると、真っ白に、富士山の高いところに雪が降り積もっていることだよ。

単語・解説

田子の浦現在の静岡県の駿河湾。現在でいう田子の浦は、静岡県富士市の河口湖付近を指す
不尽(ふじ)富士山のこと


この歌は、山部赤人が詠んだ歌です。山部赤人は奈良時代の歌人です。三十六歌仙のうちの一人で、柿本人麻呂とともに歌聖と呼ばれています。(※柿本人麻呂のみを歌聖とするなど諸説あり)

「田子の浦」の「ゆ」があるからリズムよく読めないという方もいらっしゃるでしょうが、「ゆ」は「~を通って」を意味しますのでこの「ゆ」がないと、田子の浦で富士山を眺めたのか、それとも田子の浦から離れたところで富士山を眺めたのかがわからなくなってしまいます。

ちなみにこの歌は新古今和歌集小倉百人一首にも収録されていますが、そちらでは「田子の浦にうち出でてみれば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ」と改編されています。

品詞分解

※名詞は省略しています。

田子の浦
格助詞
うち出でダ行下二段活用「うちいづ」の連用形
接続助詞
みれマ行上一段活用「みる」の已然形
接続助詞
真白に形容動詞・ナリ活用「ましろなり」の連用形、または名詞「真白」+格助詞「に」
係助詞
不尽
格助詞
高嶺
格助詞
係助詞
降りラ行四段活用「ふる」の連用形
ける詠嘆の助動詞「けり」の連体形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。