manapedia
古今和歌集 『秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる』 現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
120,471 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。

原文

秋立つ日詠め

(※1)秋来ぬと目には(※2)さやかに見えねども 風の音にぞ(※3)おどろかれぬる

ひらがなでの読み方

あききぬとめにはさやかにみえねども かぜのおとにぞおどろかれぬる

現代語訳

立秋の日に詠んだ(歌)

(立秋の日になっても)秋が来たと、はっきりと目にはみえないけれど、風の音で(秋の到来に)はっと気づきました。

解説・単語

【解説】
特に凝っているところはなく、ストレートに自分の気持ちを表した、シンプルな歌です。まだ暑さが残る夏の終わりに、秋らしい風を感じることは現代でもよくあることですが、そこを感じながら読んでみましょう。

この歌には句切れはありません。

【単語】
(※1)秋来ぬ「ぬ」は完了の助動詞です。完了の助動詞は活用後の連用形につきます。よって「来」は「き」と読みます。もし「こ」と読むと、「ぬ」は打ち消しの助動詞となるために、「秋がこない」という訳になります。
(※2)さやかなり形容動詞「さやかなり」の連用形で「はっきりとしている」を意味しています。
(※3)おどろく現代のように「ギョッとする」ではなく、「はっと気づく」などの意味で訳しています。


品詞分解

※名詞は省略しています。

立つタ行四段活用「たつ」の連体形
詠めマ行四段活用「詠む」の已然形または命令形
完了の助動詞「り」の連体形
カ行四段活用「く」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の終止形
格助詞
格助詞
格助詞
さやかに形容動詞・ナリ活用「さやかなり」の連用形
見えヤ行下二段活用「見ゆ」の未然形
打消の助動詞「ず」の已然形
ども接続助詞
格助詞
格助詞
係助詞
おどろかカ行四段活用「おどろく」の未然形
自発の助動詞「る」の連用形
ぬる完了の助動詞「ぬ」の連体形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。