manapedia
2次不等式 x²+5x+4>0とx²+5x+4<0の解き方をわかりやすく解説
著作名: はっちゃん
14,340 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

練習問題を通して理解を深めよう

ここでは2次不等式の解き方についてみていく。2次方程式が解けないと2次不等式は解けないので、不安あある人はまず、2次方程式を完璧にしておくことを勧めたい。

次の2次不等式を解け
(1)x²+5x+4>0
(2)x²+5x+4<0


まずはx²+5x+4=0という2次方程式だと思って、xの値を求める。

x²+5x+4=(x+1)(x+4)=0
x=-1,-4

これからが新しいチャレンジだ。

x²+5x+4>0のように、不等号が0ではない方を向いているときはx<-4、-1<xが答えとなる。xを満たす2つの解のうち、小さい数値よりxは小さく、大きい数値よりxは大きくなる。一方で、x²+5x+4<0のように不等号が0の方を向いているときは、xを満たす2つの値でxをはさむ。つまり-4<x<-1が答えとなる。

なぜこのようになるのかは、グラフを描いてみればわかる。
y=x²+5x+4として、グラフを描くと次のようになる。
ALT


このグラフにおいて、y=x²+5x+4が0より大きくなる、また0より小さくなるのはどの範囲になるだろうか。x<-4、-1<xでy>0となり、-4<x<-1でy<0となることは一目瞭然であろう。

しかし毎回グラフを描いて確認するわけにもいかないので、不等号が0ではない方を向いているときはxを満たす2つの解のうち、小さい数値よりxは小さく、大きい数値よりxは大きくなるり、一方で不等号が0の方を向いているときは、xを満たす2つの値でxをはさむことを覚えておくと、スピーディに解けるようになるだろう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I