manapedia
x²+2x+a-1=0,x²+3ax+a²+5a=0が実数解をもつときaの範囲を求める
著作名: はっちゃん
17,777 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

2つの2次方程式、x²+2x+a-1=0とx²+3ax+a²+5a=0がともに実数解をもつときの定数aの範囲を求めよ。


「実数解とは何?」と思うかもしれないが、要するに解をもつということ。解の数は書かれていないので、x²+2x+a-1=0とx²+3ax+a²+5a=0がともに解を1つもしくは2つもつとき、と解釈できる。

さて、解の数といって真っ先に思い浮かべなければならないのは何であったろうか?そう、判別式(b²-4ac)である。解が1つないし2つあるということは、b²-4ac≧0となることをパッと頭にイメージできるようにしておきたい。

x²+2x+a-1=0

まず、x²+2x+a-1=0についてみていこう。この式が解をもつためには、判別式Dがb²-4ac≧0である必要がある。

D=4-(a-1)=-4a-4≧0
これを解くとa≦2・・・①が求まる。

x²+3ax+a²+5a=0

続いてx²+3ax+a²+5a=0をみていく。同じように、この式が解をもつためには、判別式Dがb²-4ac≧0である必要がある。

D=(3a)²-4(a²+5a)=9a²-4a²-20a=5a²-20a
5a²-20a≧0を解くと、0≦a≦4・・・②が求まる。

①かつ②を満たすaの範囲で、2つの2次方程式x²+2x+a-1=0とx²+3ax+a²+5a=0はともに実数解をもつ。つまり、①と②のどちらも満たす0≦a≦2が答えとなる。

※①と②の共通の範囲が答えとなるのがポイントである。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I