manapedia
『人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほいける』現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
55,941 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける」という歌について説明していきます。

原文

人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける

現代語訳

人の心はさあどうだかわからないけれど、慣れ親しんだこの土地では、花が昔と変わらない香をさせていることですよ。

品詞分解

※名詞は省略しています。

係助詞
いさ副詞
係助詞
知らラ行四段活用・未然形
打消の助動詞・終止形
ふるさと
係助詞
係助詞
格助詞
格助詞
にほひハ行四段活用・連用形
ける詠嘆の助動詞・連体形


解説

この歌は、紀貫之によって詠まれたもので、小倉百人一首にも編纂されています。紀貫之は土佐日記の作者としても有名ですね。

「ふるさと」は「故郷」ではなくて「慣れ親しんだ土地・昔住んでいた土地」の意味で訳しています。

さてこの歌はここだけカットして読むといまいちわからないのですが、次のやりとりをみると、なるほどなと思うはずです。

----------------------------------------
久しぶりに紀貫之が慣れ親しんだ土地をたずねたときのこと。昔よく通っていた知り合いのところに顔を出したところ、「家はかわらずにずっとここにあります。それなのにあなたときたら、心が変わってしまったかのように遊びにこなくなりましたね」と家の主人(もしくは女性?)に冗談で皮肉を言われてしまいます。そこでとっさに機転をきかせて、梅の花を手にとってこの歌を詠んだというわけです。
家の主人からしたら、「うまいこと返したな」という感じだったでしょう。
----------------------------------------


「花昔の香ににほいける」の「ぞ」は係助詞で「ける」とセットで強調を表す係り結びとなっています。強調なので現代語訳するときには特に訳す必要はありません

「ぞ・なむ・や・か」の係助詞とセットになるものは連体形に形を変えるんでしたね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語