manapedia
2次関数のグラフの平行移動
著作名: はっちゃん
9,759 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

2次関数の平行移動について簡単に考えてみよう

次の2つの2次関数の関係について考えてみよう。

y=3x² ・・・①
y=3(x-1)²+4 ・・・②


この2つの関数をグラフに描くと次のようになる。
ALT



①と②のグラフは、重ね合わせると同じ形をしたグラフであるが、それは、y=ax²とy=a(x-p)²+qのaが同じ値かどうかでみわけることができる。

ということは、②は①を平行移動させたグラフということが言える。ではどれだけ平行移動したのかを考えてみたい。グラフの平行移動について考えるときに必要なのは、各グラフの頂点の座標である。

①の頂点は(0,0)、②の頂点は(1,4)なので、②は①をx軸方向に1、y軸方向に4だけ平行移動したグラフといえる。

平行移動を考えるときは、グラフの頂点がどれだけ移動したかで考える


このことをしっかり頭にいれて、この単元にのぞんでほしい。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I