manapedia
「直列つなぎ」と「並列つなぎ」
著作名: かたくり工務店
187,362 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

電池や豆電球などの電気器具を2つ以上つなぐとき、2タイプのつなぎかたがあります。直列つなぎ並列つなぎです。
直列つなぎ

直列つなぎとは、次の図のように電池や豆電球を並べてつなぐ方法です。電池を直列でつなぐ場合には必ず、「+極-極+極-極・・・」となるようにつなぎます
ALT


豆電球1コにたいして電池を複数個直列つなぎする場合、2コ、3コとつなぐ電池が増えれば増えるほど流れる電流は強くなり、豆電球は明るくなります。電池1コに対して豆電球を複数個直列つなぎする場合は、豆電球の数が増えれば増えるほど明るさは暗くなります。

並列つなぎ

並列つなぎとは、次の図のようなつなぎかたを言います。並列でつなぐ場合には、電池の向きを必ずそろえるようにします。図では+極が必ず右にくるように電池を置いています。
ALT


直列つなぎのときとちがって、豆電球1コにたいして電池を2コ、3コと並列でつないだ場合、流れる電流の強さは電池が1コのときの強さと同じになります。しかも使用時間は直列で2コ、3コと電池をつないだときよりも並列で2コ、3コつないだときの方が使用時間は長くなります。(電池の数に比例して長くなります)。

ちなみに電池1コに対して豆電球を何個並列でつなげたとしても、その明るさはかわりません。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科