manapedia
電気の流れ
著作名: かたくり工務店
19,735 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

電流と回路

電気は必ず決まった方向にすすむことがわかっています。電気の流れのことを電流と言いますが、電流は必ず+極から-極へと流れます。
ALT


図のように電池の+極から電流が流れはじめ、豆電球をとおって-極へと戻ってくる一連の道すじのことを回路と言います。

回路図

図のように、いちいち豆電球や電池を描いていては、時間がいくらあっても足りません。そこで、記号をつかって簡単に回路をしめす図が登場してきます。それが回路図(または配線図)とよばれるものです。高校生になっても使う記号なので、ここで覚えてしまいましょう。
ALT

ALT


まだ出てきていない言葉もあるのでなんとなくで大丈夫です。この記号を使って先ほどの回路を描き直すと、次のようになります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
7_197 電気の流れ
10分前以内
>




中学理科