manapedia
絶対値のついた1次関数のグラフの描き方
著作名: はっちゃん
41,285 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

実践で使える問題を通して理解を深めてみよう

y=|x+1|のグラフを描け


ここでは絶対値のついた1次関数のグラフの書き方についてみていきたい。教科書や参考書でわざわざ絶対値のついたグラフの描き方と題していることから、単純にy=x+1のグラフを描くわけにはいかないと思えるずるがしこさも身につけておきたいところだ。

絶対値をはずして考える

では本題にうつる。まずは|x+1|の絶対値をはずしてみよう。|x+1|は、x+1と-(x+1)の2通りにすることができる。このことから

x+1≧0 
x+1<0

の2通りを考えなければならないことがわかる。

x+1≧0 すなわち x≧-1 のとき

x+1≧0すなわちx≧-1の範囲では、y=|x+1|は、y=x+1となる。

x+1<0 すなわち x<-1

x+1<0すなわちx<-1の範囲では、y=|x+1|は、y=-x-1となる。

求めたことをまとめると
・y=x+1 (x≧-1)
・y=-x-1 (x<-1)

あとはこの範囲でグラフを描けばよい。
ALT


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学