manapedia
『思ひあまりそなたの空をながむれば 霞を分けて春雨ぞ降る』現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
11,757 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「思ひあまりそなたの空をながむれば 霞を分けて春雨ぞ降る」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解を行っています。

原文

雨の降る日、女につかはしける

思ひあまりそなたの空ながむれば霞を分けて春雨ぞ降る

ひらがなでの読み方

あめのふるひ、おんなにつかはしける

おもひあまりそなたのそらをながむれば かすみをわけてはるさめぞふる

現代語訳

雨の降る日に、女に贈った(歌)

(恋しさのあまり)どうしてよいかわからなくなり、(せめともと逢えないあなたのいる)そちらの空を、物思いにふけりながらぼんやりと眺めると、霞を分けて春雨が降ることです。

解説

この歌は、藤原俊成が詠んだものです。藤原俊成は平安時代~鎌倉時代に活躍した歌人です。

この歌は、現代語訳をみればわかるとおり恋の歌です。霞がたちこめている空という情景に、俊成のやるせない心が反映されているようです。

「春雨」のぞは強調の係助詞で、「ぞ~る」で係り結びとなっています。係り結びを起こす係助詞は、「ぞ・なむ・や・か・こそ」がありましたね。「ぞ・なむ・や・か」は連体形と結びつき、「こそ」は已然形と結びつくんでしたね。そこから、「春雨ぞ降る」の「降る」は連体形ということがわかります。

品詞分解

※名詞は省略してあります。

格助詞
降るラ行四段活用「ふる」の連体形
日、
格助詞
つかはしサ行四段活用「つかはす」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
思ひあまりラ行四段活用「おもひあまる」の連用形
そなた代名詞
格助詞
格助詞
ながむれマ行下二段活用「ながむ」の已然形
接続助詞
格助詞
分けカ行下二段活用「わく」の連用形
接続助詞
春雨
係助詞
降るラ行四段活用「ふる」の連体形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語