manapedia
反応熱~発熱反応と吸熱反応の例・違い~
著作名: 藤山不二雄
53,538 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

キロジュール

物質はそれぞれ、固有のエネルギーをまとっています。

のように化学反応が起これば、そのエネルギー量も変化することになります。この物質がまとっているエネルギー量のことをキロジュール(kj)という単位で表しますので覚えておきましょう。

発熱反応と吸熱反応

Aという物質は100kjのエネルギーを、Bという物質は70kjというエネルギーをまとっていたとします。

発熱反応

化学反応によってAがBに変化したとしましょう。
このときAでは100kjエネルギーが必要でしたが、Bに変化したことで70kjのエネルギーですむようになります。このときエネルギー量も一緒に変化しますが、30kj分が余計になりますね。ですのでこの余分な30kjを熱として外に輩出することになります。
大きいエネルギーのものから小さいエネルギーのものへと変化をするときに、その差分のエネルギーを外へ輩出する、この反応のことを 発熱反応と言います。

発熱反応は、我々の生活の中で多く取り入れられています。

そのひとつがカイロです。
カイロの袋の中には鉄が入っており、その鉄が空気中の酸素と反応をすることで酸化鉄が精製されます。このときに発熱がおこるので、カイロは暖かくなるという仕組みになっています。

吸熱反応

一方で化学反応によってBがAに変化したとしましょう。
このときBでは70kjのエネルギーが必要でしたが、Aに変化することで100kjのエネルギーが必要となります。つまり30kj足りないわけです。
エネルギーの小さいものからエネルギーの大きいものへと変化をするときには、その差分のエネルギーを外から持ってこなければなりません。この反応のことを 吸熱反応と言います。

吸熱反応は発熱反応ほど実生活にはなじんでいません。
熱を吸収する熱さまシートなどはこの吸熱反応を利用した商品になります。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学