manapedia
植物の種類-種子のない植物-
著作名: かたくり工務店
11,099 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

植物の中には、種子(種)をつくらずに子孫をのこそうとするものもあります。種子を作らない植物は、胞子(ほうし)といって、自分の分身を作り出して増えます。葉緑体をもち光合成を行いますが、日かげで生息していることが多いです。
種子をつくらない植物

シダ植物

ALT


写真はシダ植物の1種であるワラビです。シダ植物は、根・茎・葉がきちんとわかれており、維管束が発達しています。ワラビやゼンマイ、スギナなどがこれにあたります。

コケ植物

ALT


岩にはりついているのがコケです。コケ植物は、根・茎・葉がきちんとわかれておらず、水分を体全体から吸収します。

藻類

ALT


植物には属さない生物ですが、葉緑体をもり光合成を行います。海藻もこれにあたります。藻類には根・茎・葉の区別はありません。アオミドロやミカヅキモといった植物プランクトンがこれらにあたります。写真はアオミドロの写真です。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科