manapedia
植物の種類-種子植物-
著作名: かたくり工務店
9,869 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

植物とひとことで言っても、種をつくるものやつくらないもの、花を咲かすものや咲さないものなど、さまざまな種類の植物が存在しています。その中でも、種をつくるのかつくらないのかというのは、植物を分類する上でとても大きなファクターです。

種をつくる植物のことを種子植物と言います。
種子植物の種類

種子植物は大きく分けて、被子植物裸子植物とにわけられます。

被子植物

胚珠が子房のなかにあるもの。胚珠とは種になる部分のことです。被子植物は、さらに双子葉類単子葉類にわけることができます。

双子葉類

双子葉類とは、発芽するときに葉が2つあり、また葉脈が網状になっているものを言います。葉脈とは、葉っぱをみたときに、葉全体にある筋のようなもののことです。さらに細かくわけると、花が咲いたときに花びらがくっついている合弁花類(たとえばアサガオ、タンポポ)と花びらがたがいに離れている離弁花類(サクラ、バラ)があります。

単子葉類

単子葉類とは、発芽したときに葉が1つで、また葉脈が平行になっているものを言います。チューリップやイネ、スイセンなどがこれにあたります。

裸子植物

裸子植物とは、胚珠がむき出しになっている植物のことで、マツやスギ、ヒノキなどがこれにあたります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科