manapedia
「おしべ」と「めしべ」
著作名: かたくり工務店
28,526 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

種子を作る植物には必ず、おしべめしべがあります。花には、1つの花の中におしべとめしべがある両性花と、おしべとめしべがバラバラにある単性花があります。
おしべ

人間でいう男性にあたります。花粉を作っているのがおしべです。花粉をつつんでいるやくとよばれる部分と、それを支える花糸と呼ばれる部分からできています。

時期がくるとやくはやぶれて花粉がとぶようになります。花粉が目指すのはめしべですが、風にゆられてとんでいくものもあれば、蜜をすいにきた昆虫の体に花粉をつけてめしべまで運んでもらうも花もあります。
めしべ

人間でいう女性にあたります。柱頭子房花柱の3つからなります。柱頭はめしべの先端にあり、花粉がつきやすいようにザラザラとしています。子房はめしべの基にあり、中に胚珠が入っています。花粉がめしべについて受粉をすると、子房は実となり胚珠は種となります。花柱は柱頭と子房とをつなぐ部分のことを言います。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科